←トップ頁へ

和名 シダレグリ  
漢字表記 枝垂れ栗
別名・異名
古名
語源 和名は、シダレザクラのように枝が垂れ下がるクリの意。属名は、ギリシャ語のcastana(=クリ)に由来したラテン古名。/種小名は「円鋸歯状の」の意。/変種名は「下垂の」の意。
学名 Castanea crenata var. pendula Makino
英名 chestnut
仏名 alezan
独名 Kastanie
伊名 castagna
西名 castaňa
葡名 castanha
漢名 栗子
植物分類 ブナ科クリ属
園芸分類 落葉高木
用途
原産地 福島県いわき市・長野県塩尻市・長野県辰野町・岐阜県下呂市
花言葉 真心・公平
解説 シダレグリは、ブナ科の落葉樹である。名前の通り、枝が下垂する珍しいクリである。実は小指の爪ほどの小さなもので、食用には供しない。昔から、自生地の人は、「天狗の栗」と呼んで近づかなかったとかで、古木が残存している。異様に曲がりくねり、枝は下垂し、樹幹は傘状となり、奇妙な樹形を見せる。長野県辰野町の自生地には、こうした古木が数十本群生していると言う。
履歴 長野県辰野町「小野のシダレグリ自生地」/長野県丸子町「西内のシダレグリ自生地」/岐阜県下呂市「竹原のシダレグリ自生地」はそれぞれ国の天然記念物として指定されている。
県花・国花 長野県:辰野町木
古典1
古典2
季語
備考