←トップ頁へ

和名 ショウドシマレンギョウ  
漢字表記 小豆島連翹
別名・異名
古名
語源 和名は、産地名から。/属名は、イギリスの園芸家W.A.Forsythの名に因んでいる。/種小名は植物学者富樫誠氏の名に因んでいる。
学名 Forsythia togashii
英名
仏名
独名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
伊名 撮影地:東京都薬用植物園  
西名
葡名
漢名
植物分類 モクセイ科レンギョウ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木/盆栽/切り花/生花/生け垣
原産地 日本(小豆島):固有種
花言葉 希望・希望の実現・かなえられた希望・豊かな希望・深情け・ 集中力
解説 ショウドシマレンギョウは、モクセイ科の落葉樹である。雌雄異株。樹高は1〜2m程度に。葉はほぼ楕円形で枝に対生する。4〜5月頃葉の展開と時期を同じくして開花を見る。花は黄色い筒状花で花冠は4裂する。本種はヤマトレンギョウの近縁種として見なされているが、ヤマトレンギョウの場合、葉縁に鋸歯があり、葉の展開前に開花する等の点で区別されている。
履歴 環境省RDB::絶滅危惧TB類(EN)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考