←トップ頁へ

和名 シャリンバイ
漢字表記 車輪梅
別名・異名 タチシャリンバイ(立車輪梅)/ハナモッコク(花木斛)
古名
語源 和名は、葉姿を車輪に見立て、花形がウメに似ているところから。/属名は、ギリシャ語のrhaphis(=針)とlepis(=鱗片)の合成語から。/種小名は「散形花序の」の意。
学名 Rhaphiolepis indica var. umbellata
英名 Japanese-Hawthorn  ↑石川県・輪島市にて↓
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 指甲花
植物分類 バラ科シャリンバイ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/公園樹/染料(樹皮・幹・根)
原産地 日本/台湾
花言葉 純心
解説 シャリンバイはバラ科の常緑樹である。日本南部の海辺に自生が見られる。樹高は5㍍程度まで。葉は上部に密に付き、互生し、長楕円形で質が堅くて厚葉であり、光沢がある。5月頃、枝先に円錐花序を出し、白い5弁花を見せる。果実は球形で径1㎝程度である。10月頃に黒紫色に熟す。 神奈川県三浦海岸にて↓
履歴
県花・国花 鹿児島県笠利町花・木
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 108 「崖」
14 50 「木瓜」