←トップ頁へ

和名jp ジョウザンアジサイ
撮影者:東京都 山口米子様↑

↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 

撮影地(全3図):星薬科大学薬用植物園
漢字表記 常山紫陽花
別名・異名
other name
ディクロア・フェブリフーガ
古名
old name
語源
etymology
和名は、漢名「常山」の音読みから。
属名は、ギリシャ語のdis(=2)とchroa(=色)の合成語から。
種小名はギリシャ語のfebti(=熱)を語源としており、本種が解熱剤として用いられることから。
学名sn Dichroa febrifuga
英名en Blue evergreen Hydrangea
Chinese Quinuine
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 常山
泰名th ฮอมดง 
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)ディクロア属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え・鉢植え・薬用
原産地
distribution
台湾・中国・ブータン・カンボジア・インド・インドネシア・ラオス・ミャンマー・ネパール・シッキム地方・タイ・ヴェトナム
花言葉
解説
descrption
ジョウザンアジサイはアジサイ科(←ユキノシタ科)の常緑樹である。本種は、原産地の項に記した地で、標高200~2000mの垂直分布の中で、概して山地の斜面や谷間に自生の見られる樹種である。樹高は、1~2m程度となる。葉は長さ8~15㎝、幅4~8㎝程度の長楕円形で、縁部には鋸歯があり、先端部は尖り、基部は楔形となり、枝に対生する。6~7月頃、枝先に散房花序を出し、径2㎝程度で淡青色の5弁花を多数つける。花後には径5㎜程度で藍色の液果をつける。
履歴
県花・国花
古名1
古典2
季語
備考