←トップ頁へ

検索名  センリガンノキ(千里眼木)
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
撮影地:東京都薬用植物園


下2図撮影:GKZ/佐野市三毳山ハーブ園

和名 メグスリノキ
漢字表記 目薬木
別名・異名 チョウジャノキ(長者木)/センリガンノキ(千里眼木)/ミツバハナノキ(三葉花木)
古名
語源 和名は、かつて、民間療法として、この木の樹皮の煎汁洗眼を行ったことからと言う。/属名は、カエデの一種のラテン古名から。/種小名は、「栃木県日光産の」の意。
学名  Acer nikoense maximowiczianum 
英名 Nikko maple
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 毛果槭、日光槭
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途 薬用(樹皮)/用材(家具・器具・細工物)
原産地 日本(宮城県以南の本州・四国・九州)/中国
花言葉 節制、遠慮、自制、大切な思い出
解説 メグスリノキは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。樹高は25mに。樹皮は灰色。葉は対生し、三出複葉。葉裏・柄に粗毛が見られる。葉は6~10㎝程度の長楕円形。5月頃白色の小花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考