←トップ頁へ

検索名  センナ・デディモボトリア 
和名 フタホセンナ
漢字表記 双穂旃那
別名・異名 センナ・デディモボトリア
コヤシセンナ(肥やし旃那)
ポップコーンノキ(ポップコーンの木)
古名
語源 和名は、本種がインドのチンネベリー地方で栽培されたことから。「旃那」とは、マメ科カワラケツメイ属の薬用植物であり、旧学名(senna=アラビア語からラテン語化した単語)である。/属名は、アラビア語の「刺のある木」を語源としている。/種小名は「2列に総状になった」の意。
学名  Senna didymobotrya(=Cassia didymobotrya )
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:筑波実験植物園
英名 African sennna
Candelabra tree
Popcorn cassia
Popcorn sennna
Peanut butter cassia
仏名 Arbre candélabre
Cassia popcorn
独名 Kerzenstrauch
Geflügelte Kassie
Geflügelte Aenna
伊名 Senna didymobotrya
西名 Abejón
Casia
葡名 Senna didymobotrya
漢名 長穂决明
植物分類 マメ科センナ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え・鉢植え
原産地 熱帯アフリカ(ケニア・タンザニア・ウガンダ・マダガスカル)
花言葉
解説 フタホセンナは、マメ科の落葉樹である。樹高は2~4m程度となる。葉は長さ50㎝程度の羽状複葉で、枝に互生する。小葉は長さ6.5㎝程度の楕円状である。4~10月頃、茎先端~茎上部の葉腋から総状花序を出し、鮮黄色の5弁つける。花は、花茎に対して左右に開花する。花後の豆果は長さ12㎝程度で、12個の種子を内包する。
履歴 本来アフリカ原産であるが、今日、アメリカ(カリフォルニア・フロリダ・ハワイ)、メキシコ、オーストラリア、インドネシアでは帰化状態と化している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考