←トップ頁へ

和名 セイヨウシデ・ファステギアータ
漢字表記 西洋四手ファスティギアータ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:大船植物園
別名・異名
古名
語源 和名は、外来種のクマシデの仲間であることから。/属名はケルト語のcar(=木)とpin(=頭)の合成語。/種小名はカバノキのラテン名birchを語源としている。/品種名は「直立した」の意。
学名 Carpinus betulus 'Fastigiata'
英名 Common hornbean
Hornbeam 'fastigiata'
Pyramidal European Hornbeam
Upright European Hornbeam
仏名 Commun fastigié
独名 Säulen-hainbauche
伊名 Carpino piramidale
西名 Carpe piramidal
葡名
漢名
植物分類 カバノキ科クマシデ属
園芸分類 落葉高木
用途 街路樹・公園樹
原産地 西アジア~南欧
花言葉 装飾
解説 セイヨウクマシデ・ファステギアータはカバノキ科の落葉樹である。樹高は10~15m程度となる。樹冠がピラミッド型に整ってくるために欧米では、庭園樹や街路樹・公園樹等として景観を整えるために植栽されている樹種である。葉は長さ10㎝程度の卵形で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は幾分尖りを見せ、基部では短い葉柄に連なり、枝に互生する。葉は明るい緑色であるが、秋には、黄色~橙色に変化を見せる。5月頃新葉の展開前に、雄花序は長さ4㎝程度、雌花序は7.5㎝を枝先の葉腋から下垂する。と共に開花する。果穂は長さ7㎝程度で、葉状の包鱗に包まれ、枝から下垂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考