←トップ頁へ

和名 セイヨウニンジンボク
撮影者:東京 中村利治様
筑波実験植物園にて
漢字表記 西洋人参木
別名・異名 イタリアニンジンボク/チェストベリー/ビテックス・アグヌス・カストゥス
古名
語源 和名、ニンジンボクが中国原産であるに対し、本種は西洋産であることから。因みに、ニンジンボクとは、葉姿がチョウセンニンジンに似ていることからの命名。/属名はラテン語のvieo(=結ぶ)を語源とし、この属の植物で籠を編んだことによるという。/種小名はラテン語のagnus(=神の子羊」とcastus(=汚れない、信仰深い」の合成語からで、「純白の」の意ともなる。実際に純白の花を見せる種もあると言う。
学名 Vitex agnus-castus
英名 Chaste tree berry,chaste berry ,
monk's pepper 
仏名 Vitex , gattilier, gattilier,
Baume d'Abraham,poivre Monk
独名 Mönchspfeffer
伊名 Agnocasto
西名 Sauzgatillo
葡名 Agno casto
漢名 穗花牡荆
植物分類 シソ科(←クマツヅラ科)ハマゴウ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え/薬用(果実)/香辛料(果実)
原産地 南ヨーロッパ~西アジア
花言葉  香りが良い 
解説 セイヨウニンジンボクはシソ科(←クマツヅラ科)の落葉樹である。樹高は2~8m程度に。葉は、5~7枚からなる掌状複葉で、小葉は狭長楕円形で、表面には光沢がある。7~9月頃、枝先に円錐花序を出し、淡紫色の小花を穂状につける。本種には、株全体に芳香がある。花や果実にも芳香があり、、特に、果実は、かつてコショウの代わりに用いられ、世界の各地で栽培されている。
履歴 我が国へは明治期に渡来している。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考