←トップ頁へ

和名 セイヨウイチジク
撮影者:東京都 石黒俊紀様
撮影地:東京都薬用植物園

漢字表記 西洋無花果
別名・異名 フィークス・カリカ
古名
語源 和名西洋から渡来したイチジクの意から。/属名は、イチジクに対するラテン古名から。/種小名は「直立した」の意。
学名 Ficus carica L.
英名 Common fig
仏名 Figuier
Figuier comestible
Figuier commum
独名 Feigenbaum
Echte Feige
伊名 fico comune
西名 Higuera
葡名 Bebereira
Figeira
Figeira-comum
漢名 無花果
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 落葉中木
用途 食用
原産地 西アジア/アラビア南部
花言葉 裕福・多産・平安
解説  セイヨウイチジクはクワ科の落葉樹である。 樹高は7~10m程度となる。樹皮は平滑でほぼ白色となる。本種は乳白色の樹液を有し人間の皮膚への刺激物となる。葉は長さ12~25㎝、幅10~18㎝程度で、3~5深裂する。葉には芳香がある。食用とされる果実は、長さ3~5㎝程度の緑色で、紫色~茶色に熟す。
履歴 イチジクが我が国に渡来したのは、寛永年間(1624~43)と推測されている。「西洋イチジク」と呼ばれるのは、明治以降に我が国に導入された品種である。掲載した写真は「桝井どーフィン種」である。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 108 「崖」