←トップ頁へ

和名 セイロンニッケイ
撮影地:足立区農業公園↑
撮影:GKZ/国営沖縄記念公園内↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:星薬科大学↑

漢字表記 錫蘭肉桂
別名・異名 シナモン
古名 撮影者:東京都 中村利治様→
語源 和名は、原産地名から。/属名は、ギリシャ語のcinein(=巻く)とamomos(=申し分ない)の合成語で、巻き上がった葉の形状と芳香を讃えているとか。/種小名は「本物の、純正の」の意。
学名 Cinnamomum verum
英名 Ceylon cinnamon
仏名 cannelier
独名 Zimt
伊名 cannella
西名 canela
葡名 canela
漢名 錫蘭肉桂
植物分類 クスノキ科ニッケイ属
園芸分類 常緑高木
用途 庭木(暖地)/薬用/香料
原産地 印度・マレーシア・スリランカ
花言葉 純潔/清浄
解説 セイロンニッケイは、クスノキ科の常緑樹である。全株に芳香がある。樹高は10m程度に。葉は革質の楕円形で長さ15〜20p程度、主脈は3〜5本で、葉の上面には光沢があり、葉の下面は淡緑色。花は黄白色の小花である。この樹木の樹皮を剥いで乾燥させたものがシナモンである。
履歴 我が国へは天和元年(1681)、帰化僧心越が苗を輸入し、江戸小石川の白山御殿(現在の小石川植物園)に植えたのが始まりと言われている。
県花・国花
古典1 撮影地:東京都薬用植物園
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 72 「カバ」