←トップ頁へ

和名 セアノサス
漢字表記
別名・異名 カリフォルニア・ライラック
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャのテオフラテスが用いたセイヨウトゲアザミ(Cirisium arvense)に用いたギリシャ古名Keanothosから転用されたと言われている。
学名 Ceanothus spp. 撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園 
英名 California lilac/Red root/wild lilac
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クロウメモドキ科ソリチャ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 北米南西部
花言葉 温厚
解説 セアノサスはクロウメモドキ科の常緑樹である。樹高は50~150㎝程度に。葉は濃緑色の長楕円形から広楕円形で、縁には鋸歯がある。葉には光沢がある。4~6月頃、枝先に総状の花序を出し、芳香のある青色のを多数つける。カリフォルニア原産であり、花姿がライラックに似ていることから、「カリフォルニア・ライラック」の異名も持つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考