←トップ頁へ

和名  ザンソシア・ロツンディフォリア 
漢字表記   
別名・異名   サザン・クロス※備考欄参照
古名   
語源  和名は学名の音読みから。/別名は原産地オーストラリアでの本種に対する呼び名。/属名はギリシャ語のxanthos(=黄色)を語源としている。/種小名は「円形葉の」の意。 
学名 Xanthosia rotundifolia
英名 Southern cross
仏名
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パーク
葡名
漢名
植物分類 セリ科ザンソシア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ザンソシア・ロツンディフォリアはセリ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部沿海地の花崗岩が露出するような砂質土壌地の河川に面した斜面の窪地等に自生の見られる灌木である。樹高は30~80㎝程度。若茎や若枝、そして葉柄の周囲には白色の細毛が密生する。葉は学名では丸葉となっているが見た目には広卵形で、縁部には粗い鋸歯があり、その先端部には刺状とっきがあり、基部には短い葉柄が伴い茎に互生する。開花時期はほぼ周年開花で、茎頂に散形花序を出し、花軸が長さ3~5㎝程度の十字形となることから、原産地ではSouthern cross(南十字星)と呼んで親しまれている。花は複雑な形状をしている。先ず十字型をした花軸の外側には小さな苞がつく。3個の白い萼片が皿状に平開し、その中央部に筒状の花が5~8個程度丸く並ぶように開花する。雄蘂は、花筒より長く突き出る。掲載した写真では、筒状花はクリーム色であるが、黄色味の強いケースも多い。 撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 ミカン科のCrowea exalataもサザン・クロスと呼ばれる。