←トップ頁へ

検索名 ザミア・フルフラケア
群馬県立つつじが岡公園温室にて↑
撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影者:千葉県三浦久美子様↓
  撮影地:神代植物公園↑
和名 メキシコソテツ
漢字表記 墨西哥蘇鉄
別名・異名 ヒロハザミア
ザミア・フルフラケア
古名 撮影:GKZ→
語源 和名は、メキシコ産のソテツであることから。
属名はギリシャ語のzamia(=松毬)を語源としている。
種小名は「鱗の多い」の意。
学名 Zamia furfuracea
英名 Florida arrowroot
仏名 Cardboard palm
独名 Palmfarn
伊名 Zamia
西名 Zamia,Arrurruz de Florida
葡名 Zâamia
漢名 美葉蘇鐵
植物分類 ザミア科ザミア属
園芸分類 常緑小低木
用途 鉢植え/食用(デンプン)
原産地 メキシコ
花言葉
解説 ヒロハザミアは、ザミア科(ソテツ科)の常緑小低木である。原産地のメキシコでは、葉の長さは1m以上になるという。しかし、茎は地上5~15㎝程度ということである。葉の羽片は長楕円形で、長さ11㎝、幅3.5㎝前後という。葉は緑色の粉状質で覆われる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※ 根は有毒である。この根の毒は加熱によって分解するので、デンプン原料として原住民の主食になっていたという。