←トップ頁へ

和名 サワシバ  撮影:GKZ/日光市・霧降高原↑
 ↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
漢字表記 沢柴
別名・異名 サワシデ
古名
語源 和名は、沢沿いに自生の見られる薪炭用の樹木の意からか。/属名はケルト語のcar(=木)とpin(=頭)の合成語から。/種小名は、「心臓形の」の意。
学名 Carpinus cordata
英名 Heartleaf hornbeam
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園→
西名
葡名
漢名 千金楡
植物分類 カバノキ科クマシデ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(器具材・薪炭)/盆栽
原産地 日本/朝鮮半島/中国/ウスリー地方
花言葉
解説 サワシバはカバノキ科の落葉樹である。名前に見られるように概して沢沿いに自生の見られ、樹高は15m程度に及ぶ。アカシデクマシデの仲間であるが、どちらかと云えばクマシデに近い種である。葉は枝に互生し、卵形もしくは広卵心形で、基部は心形、先端は鋭頭、縁には重鋸歯がある。クマシデの葉の側脈は20~24対だが、サワシバのそれは15~20対と少なくなる。樹皮は淡緑色を帯びた褐色で古木になると菱形の浅い裂け目が見られるようになる。4~5月頃黄緑色の雄花序を下垂する。苞に包まれた雌花序は枝先に下垂する。 
履歴 撮影地:国立科学博物館
県花・国花 付属自然教育園→
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考