←トップ頁へ

検索名  サワラ ’フィリフェラ・オーレア’  
和名 オウゴンヒヨク  
漢字表記 黄金比翼  
別名・異名 サワラ’フィリフェラ・オーレア’  
古名  
語源 和名は、葉が黄金色に見えるヒヨクヒバの意から。/属名はギリシャ語のchamai(=小さい)とcyparissos(=イトスギ)の合成語で、イトスギよりも果実が小さいことから。/種小名は「エンドウ豆のような」の意で果実の様子から。
学名 Chamaecyparis pisifera 'Filifera Aurea' 
英名
仏名
独名
伊名 東京・上野:都立美術館庭園にて
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒノキ科ヒノキ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/生け垣/公園樹
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 オウゴンヒヨクは、ヒノキ科の常緑樹である。サワラの一品種である。ヒヨクヒバの黄金色に変化した園芸品種である。夏季は黄金色が薄いが、秋~冬にかけては黄金色が徐々に濃くなり美しい。葉は紐状となって下垂する。放置すると樹高は10m程度まで至るが、葉色と葉姿とから、和風庭園にも洋風庭園にも向くので、人気の高い樹種である。本種は、ヒヨクヒバ同様に日当たりの良い場所に植えることが肝要とされる。日当たりが良くないと美しい黄金色の葉色を見せないからである。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考