←トップ頁へ

和名 サトウヤシ
漢字表記 砂糖椰子
別名・異名 サトウツグ
古名
語源 和名は、砂糖を得られる椰子の木であることから。
学名 Arenga pinnata merr.
英名 Gomuti palm/ Sugar palm
仏名
独名 大阪府:咲くやこの花館にて
伊名 撮影者:大阪府・藤井勝様
西名
葡名
漢名 砂糖椰子/桄榔
植物分類 ヤシ科クロツグ属
園芸分類 常緑高木
用途 精糖
原産地 マレーシア
花言葉
解説 雌雄同株だが雌・雄花を異にする。樹高は8~15㍍程度になる。7~8年ほどで開花を始める。老化と共に樹体にデンプンを蓄える。雄花穂の花軸を傷つけて樹液を採取する。樹液からは粗糖を得ることが出来る。東南アジアでは広く栽培されている。
履歴 わが国へは昭和初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
7 104 「カウ・ベル」