←トップ頁へ
和名 ササユリニシキ
漢字表記 笹百合錦
別名・異名 ホソクキアロエ(細茎蘆會)/アロエ・キリアリス 
古名 
語源 和名は、笹の葉状の葉を持ち、百合のような花をつけ、花色が2色であることから。/属名は、アラビア語のalloeh(=苦みのある)を語源としている。/種小名は「縁毛のある」の意。
学名 Aloe ciliaris 撮影地:伊豆サボテン公園
撮影者:東京都 山口米子様
英名 Climbing aloue
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 細茎蘆會
植物分類 ツルボラン科(←ユリ科)アロエ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 苦痛・迷信・邪教
解説 ササユリニシキはツルボラン科(←ユリ科)の常緑樹である。細い茎ながら樹高は3m以上に及ぶ。葉は細剣状で、我が国の笹の葉にも似ている。葉は長さ10p程度で、縁部には刺状突起を持ち、先端部は鋭頭となり、基部は茎を抱く。本種の開花期は不定期(原産地では、概して11〜4月頃という。)で、茎上部の葉腋から長い花茎を伸ばし、その先に穂状花序をつけ、細長い赤色の筒状花を多数下垂する。花冠は緑色となる。
履歴  
県花・国花  
古典  
季語  
備考