←トップ頁へ

和名 サルナシ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:日光植物園↑

撮影地:星薬科大学↑

撮影:GKZ/日光植物園↑

撮影:GKZ/群馬県緑化センター↑   
漢字表記 猿梨
別名・異名 シラクチ
センコウトウ(獮猴桃)
コクワ(北海道
ヤマナシ(山梨)
   撮影地:筑波実験植物園→
古名 コクハ(古久波)
シラクチ(之良久知・志良久知)
語源 和名は、果実の形がナシに似ていて、山にあるので猿が食べると見立てたとか
属名は、ギリシャ語のaktis(=放射線)に由来しており、柱頭が放射状に並ぶことから。
種小名は「尖った」の意。
学名 Actinidia arguta Planch.
英名 Hardy Kiwi
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 月乙羅
軟棗獼猴桃
植物分類 マタタビ科マタタビ属
園芸分類 蔓性落葉木本植物
用途 食用(液果)/杖・花瓶敷き・筆立て・かんじき(蔓)
原産地 日本
花言葉 誘惑
 
解説 サルナシはマタタビ科の蔓性落葉樹である。雌雄異株。蔓性の幹は太いものでは5㎝を超える程であり、長さは50mにも及ぶという。葉には荒い毛が見られる。葉は長さ6~10㎝程度の広卵形で、縁部には鋸歯を持ち、基部では2~8㎝程度の葉柄に連なり茎に互生する。夏にウメに似た白い花を見せる。液果は球形に近い形状で、肉色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 ※ 我が国では、このサルナシに「獮猴桃(センコウトウ)」」を用いて表記するが、誤用であり、本来はオニマタタビの漢名である。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
3 213 「岩煙草」