←トップ頁へ

和名 サルビア・カマエドリオイデス
漢字表記
別名・異名 ジャーマンダー・セージ/メキシカン・ブルーセージ/ブルー・オーク・セージ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ラテン語のsalvare(=治癒する)に由来し、この属には薬草として用いられる植物が多いため。/種小名は「シソ科ニガクサ属のウォール・ジャーマンダー(Teucrium chamaedrys)に似た」の意。本種は、ウォール・ジャーマンダーと同様に根茎を伸ばして増殖する。
学名 Salvia Chamaedryoides  
英名 Germander sage,
Mexican blue sage,
Blue oak sage
仏名 Sauge bleue de Mexique
独名   Gamander-Salbei 
伊名
西名 撮影者:東京都 中村利治様
葡名 撮影地:筑波実験植物園
漢名
植物分類 シソ科アキギリ属
園芸分類 常緑(半落葉)低木
用途 路地植え
原産地 メキシコ
花言葉
解説 サルビア・カマエドリオイデスは、シソ科の常緑(半落葉)樹である。樹高は30~40㎝程度。本種はメキシコの標高2100~2800m級の乾燥地帯に自生すると言う。そのために、葉や若枝の周囲は銀白色の細毛で覆われ、乾燥から身を守っている。葉は径2㎝程度の長楕円形で茎に対生する。5~10月頃、茎頂に総状花序を出し、3㎝程度で青色の唇形花をつける。本種は地下茎を伸ばし横方向に広がりを見せる。高地原産の樹木だけに耐寒性もあるが、冬場には半落葉となる。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考