←トップ頁へ

和名 サルビア・グアラニチカ
漢字表記
別名・異名 メドー・セージ※
古名
語源 和名については、備考欄参照。/属名は、ラテン語のsalvare(=治癒する)に由来し、この属には薬草として用いられる植物が多いため。/種小名は南米先住民Guarani族の名に因んでいる。
学名 Salvia guaranitica
英名 Blue anise sage/Brajirian sage
仏名 Sauge guarani
独名    拙庭にて
伊名 Salvia guaranitica
西名 Salvia azul
葡名
漢名 瓜拉尼鼠尾草
植物分類 シソ科アキギリ属
園芸分類 落葉低木
用途
原産地 ブラジル/パラグアイ/アルゼンチン
花言葉 燃える想い/知恵/尊重
解説 メドーセージは、シソ科の落葉低木である。樹高は1.5m程度に。6月頃~9月頃にかけて枝の先に濃紫青色の花を見せる。花形はシソ科特有の唇形花。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 別名の項に「メドーセージ」と記述してしまったが、正確には流通名であるが、メドーセージとは、英名のMeadow sageのことである。しかし、英名のMeadow sageとはS.pratennsisのことであり、我が国で転用(或いは誤用)したものが園芸界で一般化してしまったものである。