←トップ頁へ

和名jp サラサウツギ

漢字表記 更紗空木
別名・異名
other name
サクラウツギ
古名
old name
語源
etymology
和名は、花色から。
属名は、ツュンベリーの後援者であったオランダのJ.ヴァン・デル・デューツに捧げられた名である。
種小名は、「鈍鋸歯状の」の意。
品種名は「二色の」の意。
学名sn Deutzia crenata forma bicolor Makino
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)ウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本
花言葉 気品・謙虚・秘密
解説
description
サラサウツギは、アジサイ科(←ユキノシタ科)の落葉樹である。草丈は、1~1.5m程度。5~6月頃、八重咲きで、白色で、花弁の裏側が淡紅色の花を見せる。ウツギの仲間は、白色の花が多い中で、本種は花つきも良く、しかも淡いピンクと白とのコントラストが良いので、山野草愛好家の間では人気がある存在である。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考