←トップ頁へ

検索名 サントリーナ・カマエキパリッスス
和名 ワタスギギク 河口湖ハーブ・フェスティヴァルにて↑
埼玉県行田市:薬用植物園にて↓
漢字表記 綿杉菊
別名・異名 コットン・ラベンダー/サントリーナ・カマエキパリッスス/グレイ・サントリーナ
古名 abrótano-fêmea, camomila de mahón,guarda-roupa, rosmaninho abrótano-fêmea, camomila de mahón,guarda-roupa, rosmaninhoabrótano-fêmea, camomila de mahón,guarda-roupa, rosmaninho
語源 和名は、綿毛で覆われ、スギの葉のような形状を見せる事から。/属名は、サンスクリット語のcandana(=香木の一種)がアラビアを経てギリシャ語でsantalon(=サンダル)となったと言われているが、このサンスクリット語が語源と推測される。/種小名は「イトスギのような」の意。
学名 Santolina chamaecyparissus
英名 Cotton lavender,French lavender
仏名 Santline 'Petit cyprès',
Lavende coton e santlina
独名 Graue Helligenkraut
伊名 santolina,Crespolina
西名 Santlina,Abrotano hembra,Cipresillo,Lino santo,
Hierbapiojera,Manzanilla basta
葡名 Abrótano-fêune,
Camomila de mahón,
Quarda-roupa,Rosmaninha
漢名 燻衣草棉
植物分類 キク科ワタスギギク属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/香料/防虫/薬用/切り花/ポプリ/ドライフラワー
原産地 地中海沿岸
花言葉 悪を遠ざける、さりげない魅力、移り気な人
解説 ワタスギギクは、キク科の常緑低木である。全草にサントリナオイルという香気成分を含み、香水用香料として用いられてきた。樹高は20~40」㎝程度。葉は銀白色、細かい羽状はで、対生し、綿毛で覆われる。6~7月頃に黄色い頭花を見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考