←トップ頁へ

和名jp サンシュユ
 撮影:GKZ/群馬県立つつじが岡公園(館林市)

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:神代植物公園↑

撮影地:東京都薬用植物園↑
漢字表記 山茱萸
別名・異名
another name
ハルコガネバナ
アキサンゴ
サワグサ
ヤマグミ
古名old name イタチハジカミ(以多知波之加美)
語源
etymology
和名は、漢名の音読みから。
属名はラテン語のcornu(=角)に由来し、材質の堅さを示している。
種小名は「薬用の」の意。
学名sn Cornus officinalis Sieb. Et. Zucc.
英名en Japanese cornel dogwood
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 山茱萸
植物分類 ミズキ科サンシュユ属
園芸分類 落葉高木
用途use 庭木/公園樹/薬用/食用(実)/染料(枝・葉)
原産地
distribution
中国/朝鮮半島
花言葉 持続/耐久
解説
description
サンシュユは、ミズキ科の落葉樹である。早春に葉の開かないうちに黄色い小花をつける。開花期はとても長い。秋には真っ赤に熟した実をつける。木の実は、健胃剤、腰痛に効果があるとして、元々は薬木として渡来している。 
履歴 我が国への渡来は、享保年間(1722年)頃と言われている。 
県花・国花
古典1
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語 春(花)/秋(実)  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
15 95 「佛の座」
24 183 「収穫」