←トップ頁へ

和名 サネカズラ
漢字表記 実葛
別名・異名 ビナンカズラ(美男葛)
古名 サネカズラ(佐禰加豆良)
語源 和名サネカズラは、サネは実であり、カズラは葛でありる。つまり、実の目立つ蔓性植物ということになる。/別名のビナンカズラとは、かつて武士が樹皮の粘液を整髪油として用いたことによる。/属名は和名のサネカズラから。
学名 Kadsura japonica
英名    ↓撮影地:白金自然植物園↑雄花 
 仏名   ↑撮影者:東京都 中村利治様↓雌花 
独名
伊名
西名
葡名
漢名 日本南五味子
植物分類 マツブサ科サネカズラ属
園芸分類 蔓性半常緑低木
用途 路地植え(生け垣)/鉢植え(盆栽)/整髪油(茎の粘液)/薬用(果実)/製紙用糊料(茎の粘液)
原産地 日本(関東以西)/済州島/台湾/中国
花言葉 再会
解説 サネカズラは、マツブサ科の蔓性常緑樹である。雌雄同株。樹皮は暑いコルク質となる。葉は厚味があり、光沢を見せる。葉の下面は、冬季には紅紫色となる。8月頃、葉腋に黄白色で径2㎝程度の花を見せる。雄花には、40個近い数の赤い雄蘂が球状に集まる。雌花は、淡緑色の雌蘂が球状に集まる。花は、モクレンタイサンボクの花を小さくしたような姿である。10~11月頃に、果実は径3㎝程度で赤熟する。  
履歴
県花・国花
古典1 『古事記』、『万葉集』、『大和物語』、『梁塵秘抄』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 撮影(下2図):GKZ→
   撮影地:群馬県館林市→