←トップ頁へ

和名 サクラウツギ
漢字表記 桜空木
別名・異名
古名
語源 和名は、花色から。/属名は、ツュンベリーの後援者であったオランダのJ.ヴァン・デル・デューツに捧げられた名である。
学名 Deutzia hybrida 'Strawberry fields'
英名 Deutzia 'Strawberry fields'
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)ウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 気品・謙虚・秘密
解説 サクラウツギは、アジサイ科(←ユキノシタ科)の落葉樹である。草丈は、1~1.5m程度。葉は長卵形から広披針形で、縁部には細鋸歯があり、先端部は鋭頭となり、枝に対生する。5~6月頃、枝先に円錐花序を出し、5弁の濃桃紫色で底白の花を多数つける。本種はウツギの仲間では最も濃色であると言われている。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 因みに、サラサウツギも「サクラウツギ」の別名を持つ。