←トップ頁へ

和名 サッコウフジ
漢字表記 醋甲藤
別名・異名 ムラサキナツフジ(紫夏藤)/タイワンサッコウフジ(台湾醋甲藤)
古名
語源 名は、漢名「醋甲藤」の音読みから。/属名は18世紀フランスのJ・A・Millettの名に因んでいる。/種小名は「網状の」の意。
学名 Millettia reticulata Benth
英名 Evergreen wisteria
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 醋甲藤
植物分類 マメ科ナツフジ属
園芸分類 常緑蔓性木本
用途 鉢植え
原産地   沖縄/台湾/中国南部  拙庭にて
花言葉 陶酔する恋、愛の喜び  
解説 サッコウフジはマメ科の常緑樹である。小葉は7〜9枚、藤の葉に似ているが幾分肉厚となる。7月〜8月に直立した総状花序に蝶形花を見せる。花色は暗紫色から帯紅紫色へと変化する。
履歴 俗にタイワンサッコウフジと呼ばれているが、元々台湾から持ち込まれる事が多かった事からと推測されている。明治25年にムラサキナツフジの名で新種として発表されたが、既に江戸時代には栽培されていた記録がある。
県花・国花 撮影者:東京都 山口米子様↓
古典1  
古典2 撮影地:東京都薬用植物園
季語
備考