←トップ頁へ

和名jp サイカチ
↑撮影:GKZ/群馬県緑化センター↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

↑撮影地:筑波実験植物園↓

撮影地:多摩森林科学園↓
漢字表記 皀莢
別名・異名
another name
シラミコロシ
バラノキ
マメノキ
古名
old name
サイカイシ(西海子)
サイカイジュ(西海樹)
サイカシ(西河子・皀角子・左以加之)
語源
etymology
和名は、莢の漢方名である「皀角子」から転じた古名サイカイシ(西海子)の転訛と言われている。(他にも諸説あり。)
属名は、ドイツの植物学者J.G.グレディシュの名に因んでいる。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Gleditsia japonica
英名en Japanese honeylocust            
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 山皂荚
植物分類 マメ科サイカチ属
園芸分類 落葉高木
用途use 食用(葉・若芽)/用材(器具・細工物・薪炭)/薬用(種子)/染料(莢実)/洗濯剤(樹皮・豆果・実)
原産地
distribution
日本(中南部)/朝鮮半島/中国
花言葉
解説
descrption
サイカチはマメ科の落葉樹である。樹高は15m程度に。幹に枝の変形である刺を持つ。枝は横に伸びる。葉は互生し、羽状複葉。花は5~6月頃に開花し、淡黄色の小花で、あまり目立たない。10月頃豆果がつく。刀身状で、捩れ曲がることが多く落葉後も枝に残る琴が多い。果実にはサポニンを多く含みかつては薬用、洗剤として用いられた。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考