←トップ頁へ

和名 ロウヤガキ  
↓撮影者:千葉県 三浦久美子様↑

撮影者:東京都 中村利治様↓

上2図撮影地:小石川植物園

↑栃木県佐野市にて↓/撮影:GKZ
漢字表記 老鴉柿
別名・異名 ツクバネガキ(衝羽根柿)
ロウアガキ(老鴉柿)
古名 撮影地:筑波実験植物園→
語源 和名は、漢名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のDios(=神)とpyros(=穀物)の合成語で、「神の食物」の意となる。つまり、果実が美味であることを讃えた命名。/種小名は、「菱形葉の」の意。
学名 Diospyros rhombifolia
英名 Princess persimon
Chinese persimon
Diamond-leaf persimonn
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 老鴉柿
植物分類 カキノキ科カキノキ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木/盆栽
原産地 中国
花言葉 幸せな家庭
解説 ロウヤガキはカキノキ科の落葉樹である。樹高は2~2.5m程度。葉は、薄く紙質で、学名にも見られるように菱形から卵状菱形で、枝に互生する。3~4月頃に開花し、10月頃に果実は橙赤色に熟す。果実の形状は小楕円状で先端は尖る。果実の形状からツクバネガキ(衝羽根柿)の異名もある。渋柿のため食用は不可。雌雄異株。我が国では、実物盆栽として愛倍されている事が多い樹木である。
履歴 第二次大戦中に、京都府立植物園の初代園長であった菊地秋雄氏が中国から持ち帰ったのが最初と言われている。したがって、我が国での本種の最初の植栽は京都府立植物園と言うことになる。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考