←トップ頁へ

和名jp ロニケラ・ペリクリメヌム・ヒスパニカ
漢字表記
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方

別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、ドイツ人16世紀の数学者でもあり採集家でもあったAdam Lonitzerの名に因んでいる。
種小名は、ギリシャ神話に登場する自分の姿・形を変えることが出来るという Periklymenonの名に因んでいる。
亜種名は「スペインの」の意。
学名sn Lonicera periclymenum subsp. hispanica
英名en Spanish honeysuckle
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Madreselva
Mariselva
葡名pt Madressilva
Madressilva-das-boticas
Madressilva-do-periclímeno
Madressilva-esverdeada
madressilva-sem-pêlos
漢名ch
植物分類 スイカズラ科スイカズラ属
園芸分類 蔓性半落葉性木本
用途use 薬用/フェンス/パーゴラ/ハーブ・ティー/ハーブ酒/ポプリ
原産地
disribution
イベリア半島:固有種
花言葉 友愛/献身的な愛/愛の絆
解説
description
ロニケラ・ペリクリメヌム・ヒスパニカは、スイカズラ科の蔓性半落葉性樹である。本種はイベリア半島の標高600~1800m程度で、川沿いの森林地帯に自生する樹種である。蔓の長さは4m前後程度となる。葉は楕円形~披針形で、縁部には波状の鋸歯があり、茎に対生する。5~8月頃、葉腋に散形花序を出し、蕾時には桃紫色で、開花時には白色、咲き終わりには黄花となる筒状花をつける。花冠は2深裂し、上片は更に4列し、後方に反転する。花後には球状の液果をつけ赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考