←トップ頁へ

和名 ロニケラ・インプレクサー 撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様


撮影地:ポルトガル 
コスタ・アズール地方

漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、16世紀ドイツの数学者でもあり採集家でもあったAdam Lonitzerの名に因んでいる。/種小名は「織り合わされた、混ぜ合わされた」の意。
学名 Lonicera implexa
英名 Mediterranean honeysuckle
Minorca honeysuckle,
Evergreen honeysuckle
仏名 Chèvrefeuille des Baléares
独名 Macchen-Geißbltt
伊名 Caprifoglio mediterraneo
西名 Madreselva mediterránea
Zapatillas,
Calzas
葡名 Madressilva
Madressilva-entrelaçada
漢名
植物分類 スイカズラ科スイカズラ属
園芸分類 常緑蔓生低木
用途 路地植え(フェンス・パーゴラ)/鉢植え
原産地 地中海沿岸地方~北アフリカ
花言葉 愛の絆・友愛・献身的な愛・誠実
解説 ロニケラ・インプレクサーはスイカズラ科の蔓性常緑樹である。弦の長さ2m程度となる。葉は楕円形~卵形で、縁部には鋸歯を持つこともあり、先端部は、ほぼ鈍頭~円頭で、基部は茎(弦)を囲むようにして対生する。5~7月頃、葉腋から花柄を伸ばし、散形花序を出し、掲載した写真に見られるようなピンクの筒状花を多数つける。花は、5個の花弁が合着して筒状となったものであり、花冠は2大裂し、中から黄色い雄蕊が突き出る。開花時には芳香を放つ。花後には球状の果実をつけ、赤熟するが有毒である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考