←トップ頁へ

検索名  ローズ・カクタス 
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:東山植物園↑

↑撮影者:東京都 山口米子様↓
撮影地:伊豆サボテン公園
和名 オオバキリン
漢字表記 大葉麒麟
別名・異名 ローズ・カクタス
古名 撮影地:筑波実験植物園→
語源 和名モクキリンに対して本種は大葉であることから。
属名はフランスの植物学者ニコラ=クロード・ファブリ・ド・ペーレスク(Nicholas=Claude fabri de Peiresc)への献名。
種小名は「大葉の」の意。
学名 Pereskia grandifolia
英名 Rose cactus,
Pray for us
仏名   Perescia à grandes feilless
独名 Laubkakutus
伊名 Pereskia grandifolia
西名 Rosa se Brasil,
Cactus rosa
葡名 Rosa-madeira,
Groselha-da-américa,
Groselha-dos-barbado,
Groselha-das-antilhas,
Jumbeba
漢名 針葉仙人掌
植物分類 サボテン科ペレスキア属
園芸分類 半落葉樹
用途 路地植え(暖地)/鉢植え/食用(若葉)
原産地 ブラジル
花言葉  
解説 オオバキリンは、サボテン科の半落葉広葉樹である。本種の属するペレスキア属は、顕著な葉を有することからコノハ(木の葉)サボテン類と呼ばれている。また、進化をしていない「最も原始的なサボテン」であるとも言われている。本種の樹高は最大で10mにも及ぶと言う。本種は、刺に進化していない葉を持つ。葉腋には、一般のサボテンと同様に刺座を持つ。成長に応じて刺数を増やして行き、最大で主幹に90本になると言う。刺は1~6.5㎝程度。葉は長さ9~25㎝、幅4~9㎝程度の楕円状~倒卵形である。一定の乾燥や低温になると落葉するが、その逆の季節には葉出する。原産地では春~初夏にかけて散房花序を出し、径3~5㎝程度でバラに似た桃色の花を多数付ける。果実は、4~10㎝程度の楕円状で黄色~赤色に熟する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考