←トップ頁へ

和名jp リョウブ
↓館林市:群馬県立つつじが岡公園にて↑

神奈川県箱根町にて↓

栃木県佐野市にて↓
漢字表記 令法
別名・異名
other name
リョウボウ(料蒲)
サルスベリ(猿滑)
サルナメ(猿滑)
サルダメシ(猿試)
モチバナノキ(餅花木)
ダンゴバラ(団子茨)
古名
old name
ハタツモリ(畑守・畠守)
語源
etymology
和名は、救荒食料として採取と貯蔵を命じた令法が発せられたことからという。つまり、令法(リョウボウ)からの転訛であると言われている。
属名はハンノキ科の古代ギリシャ名から。
種小名は「脈にヒゲのある」の意。
学名sn Clethra barbinervis
英名en Japanese Clethra
仏名fr
独名de
伊名i
西名es
葡名pt
漢名ch 華東山柳
植物分類 リョウブ科リョウブ属
園芸分類 落葉小高木
用途
use
食用(若葉)/用材(細工物・床柱・薪炭等)/飼料(葉)/染料
原産地
distribution
日本/済州島
花言葉 寛ぎ・溢れる思い
解説
description
リョウブは、リョウブ科の落葉樹である。樹高は10m程度に。葉は長さ8~15㎝の長楕円形で、互生する。6~7月頃に長さ10~15㎝の円錐花序に小さな花を見せる。幹は、老木になると樹皮が剥げて茶褐色の滑らかな肌を見せるようになる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』
季語
備考