←トップ頁へ

検索名 リトセア・クベバ
和名 アオモジ
漢字表記 青文字
別名・異名 リトセア・クベバ/メイ・チャン/コショウノキ(胡椒木)/ショウガノキ(生姜木)/タイワンクロモジ(台湾黒文字)/ソロバンノキ(算盤樹)/ソツギョウバナ(卒業花)
古名
語源 和名は、クロモジに対して本種は枝が緑色のため。/属名の語源は中国語というが、漢名不詳。/種小名はアラビア語のkabāba(ツルコショウ、漢名:澄茄)を語源としている。
学名 Litsea cubeba
英名 Aromatic litsea
仏名 Litsée citronnée
独名 May Chang
伊名 撮影地:京都府木津川市
西名 May Chang
葡名
漢名 山胡椒、山鶏椒
植物分類 クスノキ科ハマビワ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(爪楊枝等)/精油(エッセンスオイル)/香料/薬用/花材
原産地 日本(本州:近畿以西)/台湾/中国/インドネシア
花言葉 撮影者:京都府 藤井俊夫様
解説 アオモジはクスノキ科の落葉樹である。雌雄異株。樹高は5m程度に。葉は7~15㎝の楕円形で全縁、鋭頭、枝に互生する。葉の裏面は白色を帯びる。小枝は緑色で平滑、芳香を有することから爪楊枝に用いられる。等しく爪楊枝に用いられるクロモジ(クスノキ科クロモジ属)に対して、語源の項にも記したが、枝が緑色のためアオモジと呼ばれている。掲載した写真は、雌花であるが、雄花の場合は、穂状に枝先にあつまり、雌花よりも大形の花序となり、花数も多くなる。葉の展開前に開花するのでよく目立つ。開花期は3~4月頃。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考