←トップ頁へ

検索名  リソドラ・ディッフーサ   
和名 ミヤマホタルカズラ
漢字表記 深山蛍蔓
別名・異名 リソドラ・ディッフーサ
古名
語源 和名の語源不詳。(単純に考えれば、我が国の高山帯に自生の見られるホタルカズラの意となるが、本種は、外来植物であり、自生地はスペインやポルトガルの海岸沿いの平地である。)/属名はギリシャ語のlithos(=石)とodora(=匂い)の合成語からかと推測される。/種小名は「広がった」の意でマット状に広まりを見せることから。
学名  Lithodora diffusa(=Lithspermum diffusum)  撮影地:筑波実験植物園↑ 
撮影者:東京都 中村利治様↓
英名 Purple gromwell
仏名 Lithodora diffus
独名 Steinsame
伊名 Migiasole maggiore
西名 Carrasquilla azul
葡名 Saraguacinha
漢名 訇臥木紫草
植物分類 ムラサキ科ミヤマホタルカズラ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(ロックガーデン)
原産地 スペイン~ポルトガル
花言葉 真実の愛 愛培品↑
解説 ミヤマホタルカズラはムラサキ科の常緑低木である。草丈は15㎝程度に。葉は中央部が凹みを見せるほぼ線形で茎に密に互生する。茎は分枝を繰り返しながらマット状に広がりを見せる。3~5月頃、茎頂に径2㎝程度で青色の花をつける。我が国に自生するホタルカズラと青・白の模様が反対になったような花姿となる。花冠は5裂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考