←トップ頁へ

和名  レウコスペルムム・エルベセンス  
漢字表記
撮影者:千葉県 三浦久美子様  
撮影地:筑波実験植物園            
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/名は、ギリシャ語のleuco(=白の)とsceptrum(=像)の合成語から。/種小名は「紅色を呈する」の意。
学名 Leucospermum erubescens
英名 Orange flame pincushion、
Langeberg oincushion
仏名
独名
伊語
西名
葡語
漢名
植物分類 ヤマモガシ科レウコスペルムム属
園芸分類 常緑小低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 どこでも成功を
解説 レウコスペルムム・エルベセンスはヤマモガシ科の常緑樹である。樹高は、1~2m程度。葉は長さ7~9㎜、幅1~2㎜程度の線形である。葉の先端は方形になり3個の歯牙状突起を持つ。原産地の開花期は8~1月であり、原産地の晩冬から春にかけてと言うことになる。花は茎頂に数個つき、花径は5~6.5㎝程度で、当初黄色い雄蘂が長く突き出して開花するが、やがて橙赤色へと変わり、その基部には明るい紫紅色の花蓋が現れて、両者のコントラストが美しい。掲載した写真は、開花直後のものである。花は、茎上に二ヶ月もついたままであるという。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考