←トップ頁へ

検索名  レシュノールティア・リナリオイデス 
和名 イエロー・レシュノールティア  ↑撮影地:オーストラリア・ナンバン国立公園↓
漢字表記
別名・異名 レシュノールティア・リナリオイデス
語源 和名は英名の音読みから。/属名は、命名者であるフランスの植物学者Jean Baptiste Louis Claude Theodore Leschenault の名に因んでいる。/種小名は「リナリア(ウンラン)属のような葉の」の意。
学名 Leschenaultia linarioides
英名 Yellow Leschenaultia
仏名
独名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クサトベラ科レシュノールティア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え・鉢植え
原産地
花言葉
解説 オエロー・レシュノールティアは、クサトベラ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部の石灰岩質土壌の丘陵の上~中腹に自生の見られる低木である。樹高は1.5m程度までであるが、良く分枝をし、枝の長さは1mにも及び、樹形全体としては、複雑に錯綜した枝が蔓延り、乱れた印象を受ける。葉は、幾分多肉質で、長さ8~15㎜程度の線形で、茎に互生する。本種は、ほぼ周年開花し、枝の上部に大きな円錐花序を出し、数個の花をつける。花色は、赤色・桃色・クリーム色・黄色と個体差がある。花冠は大きく5深裂し、下側の3個の裂片は概して半透明の黄色(或いは桃色模様が先端部位に入る)で、大きく2裂し、先端部は鋸歯状に裂け、前方に突き出る形で平開し、上2個の裂片は概して赤色~桃色で、上方に立ち上がる形となる。
履歴
県花・国花 撮影地:オーストラリア・パース
        キングス・パーク→
古典1
古典2
季語
備考