←トップ頁へ

検索名 レモンバーベナ  
和名 コウスイボク  
漢字表記 香水木  
別名・異名 レモンバーベナ/ボウシュウボク(防臭木) 
古名  
語源 和名は、この木の精油が香水の原料とされることから。/属名は、スペイン王カルロス4世の王妃Maria Louisaの名に因んでいる。/種小名のcitoriodoraとは、ギリシャ語で「レモン」と「匂い」の合成語で、「レモンの香りがする」の意。
学名 Aloysia citrodora(=Lippia citriodora)
英名 Lemon scented verbena           国営武蔵丘陵森林公園にて
仏名 Verveine citronella
独名 Zitronenstrauch
伊語 Verbena odorosa
西名 Cedrón,Hierba lisa,Verbena de Indias
葡語 Lúcia-lima
漢名 檸檬馬鞭草
植物分類 クマツヅラ科アロイシア属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え/薬用/飲用
原産地 アルゼンチン/チリ
花言葉 寛大/広い心/忍耐
解説 コウスイボクは、クマツヅラ科の落葉低木である。樹高は90から120㎝程度。(原産国では樹高は3mにも達するという。)葉は鮮緑色、披針形で、輪生し、表面はざらつく。6~8月頃に白色の小花を見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考