←トップ頁へ

和名 レモン
漢字表記 檸檬
別名・異名
古名
語源 和名は、英名から。/属名は、ギリシャ語のkitron(=箱)から転じたレモンの木に対するラテン古名から。/種小名は「レモンの」の意。
学名 Citrus limon Burm. F.
英名 lemon  ↓とちぎ花センターにて↑
仏名 citron
独名 Zitron
伊名 limone
西名 limón
葡名 limão 
漢名 檸檬
植物分類 ミカン科ミカン属
園芸分類 常緑小高木
用途 食用/ジュース/調味材
原産地 インド(ヒマラヤ東部山麓)
花言葉 誠意/誠実な愛
解説 レモンは、ミカン科の常緑樹である。樹高は3m程度に。枝には鋭い刺がある。葉は幾分厚味のある菱形状で、縁には鈍鋸歯があり、先端は鋭頭となる。四季咲き種で適地では年に3回開花する。花は白色の5弁花である。果実は黄熟する。果実の形状は紡錘形で、果肉には芳香があるが、味は酸味が強い。   
履歴 わが国へは明治初年にアメリカから導入された。   
県花・国花  
古典1  
古典  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
18 121 「馴化園」