←トップ頁へ

和名 ランタナ
漢字表記
別名・異名 シチヘンゲ/コウオウカ/セイヨウサンダンカ/パカークロン(タイの現地名)
古名
語源 和名は、英名から。/属名は、ヨーロッパ産のViburnum lantanaのラテン古名であったが、花形や花序が類似していることから転用されたという。/種小名はギリシャ語のkamara→ラテン語camara,camera(=丸天井)を語源としている。花序の様子からの命名と推測される。
学名 Lantana camara L. 八丈島にて
英名 lantana
仏名 lantana
独名 lantana
伊名 lantana
西名 lantana
葡名 lantana
漢名 馬櫻丹
泰名  ผกากรอง
植物分類 クマツヅラ科シチヘンゲ属
園芸分類 常緑低木
用途 花壇/鉢植え
原産地 熱帯アメリカ
花言葉 厳格
解説 ランタナは、クマツヅラ科の常緑樹である。樹高は1m程度に。葉は対生し、シソの葉に似ている。表面に堅い毛がある。ざらついて厚みがある。茎は四角形。7~11月に多くの花が集まって花笠状に開花する。個々の花は径0.7㎝程度である。先が5裂した杯状である。花穂の中心から開き始める。新しい花は黄色または橙色で、古い花は紫紅色へと変化する。
履歴 わが国へは、慶応3年(1867年)に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
31 72 「カバ」