←トップ頁へ

和名  ランベルティア・イネルミス・ドルモンディー  
漢字表記
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はイギリス人植物学者Aylmer Bourke Lambertへの献名。/種小名は「刺針の無い」の意。/変種名はDrummond名の人名に因んでいるが詳細不詳。
学名 Lambertia inermis var. drummondii
英名 Chittick
仏名 撮影地:西オーストラリア州
独名 スターリングレンジ国立公園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヤマモガシ科ランベルティア属
園芸分類 常緑小高木
用途 招鳥樹、招蜂樹
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ランベルティア・イネルミス・ドルモンディーは、ヤマモガシ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア大陸南西部の沿海地で、岩の露出するような砂壌地に自生の見られる樹木である。樹高は8m程度となる。葉は長さ2.5㎝程度の楕円形で、縁部は全縁、先端部は円頭、基部は短い葉柄に連なり、枝に互生する。本種は周年開花するが、特に9~12月頃が最盛期となる。枝先に、長さ4㎝程度の筒状花を5~7個散形状につける。花冠は4裂し、裂片は外方に渦巻き状に丸まって、花冠内部が見えるようにまでになる。本種の開花時には、野鳥や昆虫・蟻等が蜜を求めて集まってくる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考