←トップ頁へ

和名 ラゥアンドゥラ・ムルチフィダ
撮影:GKZ/兵庫県立淡路島公園↑ 
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様↓

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方



漢字表記
別名・異名 レース・ラベンダー
ファーン・ラベンダー
ファーンリーフ・ラベンダー
ムルチフィダ・ラベンダー
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
別名
のレース・ラベンダーとは、葉の切れ込みが深いため、透けて見えるので布地のレースにたとえたもの。また、ファーン・ラベンダーとは英名から。
属名は、ラテン語のlavo(=洗う)から。古代ローマ人が、浴槽をこの花で香らせていたことによると言われている。
種小名は、「多裂の」の意。
学名 Lavandula multifida
英名 Fern leaf lavender
Egyptian lavender
仏名 Lavender oregala
独名 Farnblattriger Lavendel
Oreganolavendel
伊名 Lavanda dalle fogile a felce
Lavanda egiziana
西名 Alhucemilla
葡名 Alfazema-de-folha-recortada
漢名 羽葉薰衣草
植物分類 シソ科ラベンダー属
園芸分類 常緑小低木
用途 鉢植え/路地植え/薬用
原産地 地中海沿岸 
花言葉 疑い/普請/私はあなたを待っています
解説 ラベンダー・ムルチフィダは、シソ科の常緑小低木である。園芸界では、レースラベンダーやファーン・ラベンダーの名で流通している。本種の特徴としては、葉の切れ込みが深いことである。そのためにレースラベンダーと呼ばれている。また、葉の裏表の両面にに長い毛が見られる。非常にかおりの強いラベンダーである。樹高は1m程度までのために、花壇の縁取りなどに利用されていることが多い。花色は濃紫色。開花期は5~8月頃。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考