←トップ頁へ

検索名  ラクウショウ(落羽松)   
和名jp ヌマスギ
撮影:GKZ/群馬緑化センター

↑呼吸根・果実↓
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
漢字表記 沼杉
別名・異名
another name
ラクウショウ(落羽松)
古名old name
語源
etymology
和名は湿地帯に自生するスギの意。恐らく、英名のSwamp Cypressからの直訳からではないかと推測される。また、別名のラクウショウは、漢名の音読みからで、秋に葉をつけたまま落ちる様子が羽が舞い落ちるようにも見えることから命名されている。
属名は、ギリシャ語で「イチイに似る」の意で、葉の形状による。
種小名は「2縦列の」の意。
学名sn Taxodium distichum
英名en Swamp Cypress
Bald Cypress
仏名fr Cyprès chauve
独名de Echte Sumfzypresse
Sumpfeibe
伊名it Cipresso della paludi,
Cipresso calvo
Tassodio
西名es Ciprés de los pantanos,
Ciprés calvo
葡名pt Cipreste-de-folha-caduca,
Cipreste-dos-pântanos,
漢名ch 落羽松
落葉松
植物分類 ヒノキ科(←スギ科)ラクウショウ属
園芸分類 落葉大高木
用途use 植物園/大庭園/公園
原産地
distribution
アメリカ(ミシシッピ川下流域~フロリダ)
花言葉 大胆
解説
description
ヌマスギは、ヒノキ科(←スギ科)の落葉樹である。樹高は50mにも達すると言う。湿地に自生するために、奇妙な形状の呼吸根を株元周辺に林立させるので、異様な光景を示す。樹形は、若木では狭円錐形で、老木になると広円錐形の見事な樹冠を見せるようになる。葉は線状で、軟質で、葉は秋には赤褐色に紅葉し、やがて若枝は葉をつけたまま落枝する。この落下時の様子が鳥の羽根のように見えることから「落羽松」の名もある。
履歴 我が国へは、明治の初めに導入されている。
   
県花・国花 花穂→
古典1
古典2
季語
備考 撮影者:東京都 山口米子様↓
   写真(下)に見られる本種の紅葉の様子は新宿御苑のものです。