←トップ頁へ

和名 ノヤシ
漢字表記 野椰子
別名・異名 セボレーヤシ
古名
語源 和名の語源については不詳。/属名は、ギリシャ語のsrino(=斜め)とstigma(=柱頭)の合成語から。/種小名は小笠原最初の開拓者だったササニエル・セボレー氏への献名。
学名 Clinostigma savoryana
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヤシ科ノヤシ属
園芸分類 常緑高木
用途 食用(頂芽)
原産地 小笠原諸島固有種
花言葉 撮影者:東京都 須田様/東京都立夢の島熱帯植物園にて
解説 ノヤシはヤシ科の常緑樹である。樹高は10m前後に。写真に見られるように幹上部1mほどはタケノコの皮のような葉鞘に包まれている。葉は幹頂部に輪生状に集中する。葉は主脈を中心に深く切れ込む。6~7月頃、幹頂部に箒状の花柄を伸ばし淡黄色の花を多数つける。卵形の果実は赤熟する。本種は、かつては、まとまった群落があったが、戦時中に頂芽を美味な山菜として採取し尽くした上に、戦後は移入されたクマネズミが果実を食べてしまうため、絶滅が懸念されたが、徐々に苗が育ちつつあるという。
履歴
県花・国花
古典1
古名2
季語
備考