←トップ頁へ

和名jp ノウゼンカズラ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑
撮影GKZ/拙庭にて↓


漢字表記 凌霄花
別名・異名
other name
撮影地:神代植物公園
古名
old name
ノウセウ(乃宇世宇)
語源
etymology
和名のノウゼンは、古名ノウセウからの転訛。カズラは、蔓性植物の意。
属名はギリシャ語のcampsis(=湾曲)の意で、雄蕊が弓形をしているから。
種小名は「大花の」の意。
学名sn Campsis grandiflora
英名en Chinese Trumpet Creeper
仏名fr Bignone de Chine
独名de Chinesische Klettertrompete
伊名it Tecoma
西名es Trompeta china trepadora
葡名pt Trombeta-chinesa
漢名ch 凌霄花
植物分類 ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属
園芸分類 蔓性落葉樹
用途use 庭木/公園樹/生け垣
原産地
distribution
中国
花言葉 名誉/光栄
解説
description
蔓性植物であるが、その高さは5,6㍍ほどにも至る。茎から付着根を出して他物に巻き付いて伸びる。葉は、5~9個の小葉で構成される奇数羽状複葉で、小葉の先端部は尖り、縁部には鋸歯があり、茎に対生する。盛夏に、枝先に円錐花序を出し、径6㎝程度の漏斗状花をつける。花冠は鮮黄色で、先端部は不規則に5裂する。わが国では結実を見ない。
履歴 わが国へは延喜18年(918年)に渡来している。『本草和名』(918年)には「乃宇世宇(のうせう)」と記載されている。『花彙』(1765年)には「寄生花(きせいか)と記載されている。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 牧野植物図鑑では、毒はないと記述されている。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 92 「再会」
13 139 「凌霄花
14 281 「蔓もの」
18 242 「床屋」
21 272 「糸瓜」
22 178 「ひごたい」