←トップ頁へ

和名jp ニワトコ  
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓


↑撮影:GKZ/群馬県緑化センター↓

下2図撮影者:東京都 山口米子様↓

 ↑撮影地:奥日光・小田代原↓
 
漢字表記 接骨木
別名・異名
another name
撮影地:小石川植物園→
古名
old name
ヤマタヅ(山多豆・夜麻多豆)
ミヤッコギ(美夜都古木)
語源
etymology
和名は、「造木(みやっこぎ)」からの転訛とも。/属名はギリシャ語で古代楽器名から。/種小名は「シーボルトの」の意。
学名sn Sambucus sieboldiana
英名en
仏名fr
独名de 撮影地:千葉緑化植物園→
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 接骨木
植物分類 レンブクソウ科(←スイカズラ科)ニワトコ属
園芸分類 落葉低木
用途use 薬用(茎・葉・花)/食用(新芽)/用材(細工物)/骨折時のギプス
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)/朝鮮半島/中国
花言葉 哀れみ
解説
description
ニワトコはレンブクソウ科(←スイカズラ科)の落葉樹である。樹高は6m程度に。葉は奇数羽状複葉で長さ12~50㎝程度。4月頃枝先に円錐花序を出し、白色の小花を密につける。果実は球形または楕円形で赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1 『古事記』、『万葉集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 春(花)
備考