←トップ頁へ
和名 ニッパヤシ
漢字表記 ニッパ椰子
別名・異名
古名 撮影:GKZ→
語源 和名は、学名(属名)の音読みから。/属名は、熱帯アジアでの現地名からと推測される。/種小名は「低木状の」の意。
学名 Nypa fruticans
英名 Mangrove palm/Attap Palm /Nipa Palm
仏名
独名   撮影地:国営沖縄記念公園にて↑ 
伊名
西名 写真(下3枚)撮影者:タイのIncola様
葡名 撮影地:バンコク・クイーンシリキット公園
漢名
植物分類 ヤシ科ニッパヤシ属
園芸分類 常緑高木
用途 屋根材
原産地 日本(西表島のみ)〜熱帯アジア〜オーストラリア北部
花言葉
解説 ニッパヤシはヤシ科の常緑樹である。典型的なマングローブ植物で、熱帯アジアの潮の干満のある入り江、河口付近の湿地帯に自生する。そのため、英名ではMangrove palmとも呼ばれている。樹高は9m程度に。地上茎がなく,泥中の根茎から直接,扇状に葉をつける。葉長は5〜10bで、地際から多数出る。我が国では、西表島の船浦湾周辺のみで自生が見られるが、一説には、漂着した種子が発芽して群落を構成したものとも推測されている。
履歴 1972年、ニッパヤシ群落が文化庁より国の天然記念物に指定されている。/環境省レッドデータブックで絶滅危惧IA類、沖縄県レッドデータブックで絶滅危惧IA類に評価されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
22 137 「碧空尽」