←トップ頁へ

和名jp ニオイウツギ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

 撮影地:東京都薬用植物園
漢字表記 匂空木
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は芳香を放つウツギの意から。
属名は、ドイツの科学者Christian Ehrenfried von Weigelの名に因んでいる。
種小名は「朝鮮産の」の意。
変種名は「芳香のある」の意。
学名sn Weigela coraeensis var. fragrans
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スイカズラ科タニウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/公園樹
原産地
distribution
日本伊豆七島:固有種
花言葉 移り気
解説
description
ニオイウツギは、スイカズラ科落葉樹である。本種は、ハコネウツギからの変種として分類される。樹高は3~5m程度となる。葉は広楕円形で、縁には鋸歯を持ち、先端部は尖り、基部では葉柄に連なり枝に対生する。5~6月に、新枝の葉腋に散房花序を出し、長さ2㎝程度の筒状花を1~3個つける。花冠は5裂する。花色は白色に開花し、咲き進むと紅色を帯びる。開花時には芳香を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考