←トップ頁へ

和名 ニンニクカズラ
撮影:東京 中村利治様↑
撮影:GKZ/名護市にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
 
撮影地:星薬科大学
漢字表記 大蒜葛
別名・異名 ガーリックヴァイン
ガーリックカズラ
古名 撮影地:新宿御苑
語源 和名は、葉を揉むとニンニクの臭いがすることからであるが、和名は英名の直訳からと推測される。
属名はブラジルの植物学者Antonio Luiz Patricio da Silva Mansoへの献名。
種小名は「ネギ臭のある」の意。
学名 Mansoa alliacea(=Pseudocalymma alliaceum)
英名 Garlic vine
仏名
独名
伊名
西名 Ajo sacha
葡名 Cipó-alho,
Cipó d'alho
漢名 蒜香藤
植物分類 ノウゼンカズラ科マンソア(ニンニクカズラ)属
園芸分類 蔓性常緑低木
用途 路地植え(パーゴラ・生け垣)/鉢植え(行灯仕立て)
原産地 アルゼンチン
花言葉 個性的
解説 ニンニクカズラはノウゼンカズラ科の蔓性常緑樹である。開花期は5~12月頃ととても長く、咲き始めは濃桃色であるが、次第に色は薄くなる半を見せる。花形はラッパ状で、径4㎝程度。総状に集中して開花するので、葉が隠れてしまうほどである。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考