←トップ頁へ

和名 ニンジンボク    撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 人参木
別名・異名
古名 ナマエ(楛・荊)/ナマエノキ(奈末江乃木・奈万衣乃岐)/ハマハヒ(波麻波比)/ニコタ(爾己太)
語源 和名は、葉姿がチョウセンニンジンに似ていることからの命名と言われている。/属名はラテン語のvieo(=結ぶ)を語源とし、この属の植物で籠を編んだことによるという。/種小名は「アサの葉のような」の意。
学名 Vitex cannabifolia
(=Vitex negundo var. cannabifolia )
英名 Negundo chaste tree
仏名
独名
伊名 撮影地:小石川植物園
西名
葡名
漢名 牡荊
植物分類 シソ科(←クマツヅラ科)ハマゴウ属
園芸分類 落葉低木
用途 薬用(果実・樹液)
原産地 中国
花言葉 香りが良い
解説 ニンジンボクはシソ科(←クマツヅラ科)の落葉樹である。樹高は3m程度。葉は長い葉柄を持った掌状複葉で、3~5枚の小葉で構成される。小葉は広披針形で、縁には鋸歯があり、先端は鋭頭。7~9月頃、葉腋から円錐花序を出し、淡紫色で唇形の小花を多数開く。果実は径5㎜程度で黒熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考