←トップ頁へ

和名 ニッケイ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 肉桂
別名・異名 ニッキ/ニクケイ
古名 メカツラ(女加豆良)
   撮影地:筑波実験植物園
語源 和名は、漢名「肉桂」の音読みから。/属名は、ギリシャ語のcinein(=巻く)とamomos(=申し分ない)の合成語で、巻き上がった葉の形状と芳香を讃えているとか。/種小名は「シーボルトの」の意。
学名 Cinnamomum sieboldii. Meisn
英名 Japanese cinnamon
仏名
独名
伊名 撮影地:星薬科大学
西名
葡名
漢名 肉桂
植物分類 クスノキ科ニッケイ属
園芸分類 常緑高木
用途 庭木(暖地)/薬用/香料
原産地 中国南部/インドシナ半島
花言葉 純潔/清浄
解説 ニッケイは、クスノキ科の常緑樹である。樹皮、根皮が特有の芳香と辛味を持つ。健胃剤、発汗剤として古くから用いられきた。葉からは香料を得る。樹高10〜15bまで。小枝は緑色で無毛。葉には3つに分かれた葉脈が見られる。5月〜6月に集散花序を見せる。花色は淡黄緑色。
履歴 享保年間(1716〜36)に中国より渡来している。
県花・国花
古典1 『今昔物語』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図絵』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 72 「カバ」